星におまけを - Bonus to the stars

現在、自分のところのPCのカレンダーは2021年の7月27日を示しています。気が付けば今年も折り返しだと思って、意味があるかどうかはわかりませんが、ふと、人間のことなどをぼんやり考えたりもします。

さて、今回の記事タイトルは『星におまけを - Bonus to the stars』というものですが、自作マンガのページに追加した「おまけテキスト」や「おまけイラスト」など、いわゆる「おまけコーナー」の話をしようと思っています。

自作マンガのページに「おまけコーナー」を作りました

自分がこのブログのなかで「自作マンガのページ」と言っているのはブログ全ページの後ろの方に納まっている、閲覧用の「1ページ単位のマンガデータ」のことです。

今回、この閲覧用のマンガページに、軽い娯楽読み物としての「おまけコーナー」を作ることにしました。その理由のようなものは後で述べることにいたします。

それではひとまず、「おまけコーナー」を加えた自作マンガのタイトルを、このブログ内のカテゴリ名でまとめられたURLと一緒に出しておきましょう。

「おまけコーナー」が付け加えられた、自作マンガのページ

それぞれのお話のタイトルおよびサムネイルには、カテゴリ名でまとめられたURLへのリンクを貼ってあります。

なお、画面上部に「ラベル(~)が付いた投稿を表示しています」という表示が出ている状態で左下の「≪ NEXT PAGE」ボタンを押しますと、一番最初のページに戻ってしまいます。最初ではなく、すぐ前のページに戻りたいという場合は、ブラウザの「戻る」ボタンあるいは左上ハンバーガーメニューの中の「ひとつ前のページに戻る - Go back」をお使いください。

Web version comic "guernica"
『Web version comic guernica』というマンガのサムネイルです。
『Web version comic "guernica"』というマンガになります。ページ数は全部で32ページです。
Web version comic "guernica"... こちらはこのマンガのガイダンス・ページになります。
Ep-6
『Ep-6』というマンガのサムネイルです。
『Ep-6』というマンガになります。ページ数は全部で26ページです。
『EP6 - 2020.2.23』... こちらはこのマンガのガイダンス・ページになります。
Ep-7
『Ep-7』というマンガのサムネイルです。
『Ep-7』 というマンガになります。なお、『Ep-6』からはゆるい感じで続いています。ページ数は全部で26ページです。
『EP7 - 2020.4.2』... こちらはこのマンガのガイダンス・ページになります。
おまけマンガ
『おまけマンガ』というマンガのサムネイルです。
『おまけマンガ』 というマンガになります。ページ数は全部で38ページです。
『OMAKE - 2020.2.25』... こちらはこのマンガのガイダンス・ページになります。
ワイルドランド
『Wildland』というマンガのサムネイルです。
『Wildland』というマンガになります。ページ数は全部で6ページです。なお、申し訳ありませんが、こちらは未完になっています。
『Wildland』... こちらはこのマンガのガイダンス・ページになります。
第2話
『第2話』というマンガのサムネイルです。
『第2話』というマンガになります。ページ数は全部で26ページです。
『第2話 - Dai 2 wa』... こちらはこのマンガのガイダンス・ページになります。

その他、自作マンガのページに関連して

「おまけコーナー」を加えた自作マンガは、今のところ以上のような感じになっています。なお、マンガページのファイル名に付いている「2012/08」とかの数字は、便宜上ファイル置き場にしている場所の、古い日付の名前です。

また、今後このブログ内での自作マンガのタイトルが増えた場合には、その旨を『更新のお知らせ - Update notice』で告知すると同時に、こちらのページなどで追記、および新しい記事などを書かせていただくことになると思います。

「おまけコーナー」を作るのにあたって

その経緯

今年、詳しく言うと2021年6月26日午後辺りから同年6月30日午前中辺りまで、『Google検索』および同じ検索データを使う『Yahoo検索』で、検索語句に「熊谷カズヒロ」などの言葉を使ってこのブログ「Davidluws」を検索しても、ブログの情報が検索結果にまったく表示されなくなってしまう、そういうことがおこりました。

それから、2021年6月30日午後になって検索エンジンがもとの状態に戻ったのかはわかりませんが、再びこのブログは検索に再び表示されるようになりました。

さてそこで、検索結果がまったく表示されなかったおよそ5日の間、いったい検索エンジン周辺に何がおこっていたのだろう。そう考えて、もしかしたらという推論レベルの話が何となく頭に浮かんだのです。

検索エンジンによる誤認識の可能性

本当に推論の域を出ないのですが、例えばこのブログの『閲覧用マンガページ』が、検索エンジンのBOTに誤認識として「コピーした画像データと、コピーした文章が1行あるだけの、不正なファイルが大量にあるコンテンツである」という、いわゆる「重複コンテンツ」であるとの判断がなされ、検索エンジン側からペナルティがつけられた、そういうこともありうるかもしれないと考えました。

実は以前のこのブログの『閲覧用マンガページ』は、閲覧するページごとの画像データがひとつと、ページ数を示すテキストが1行だけという、地味というか、殺風景なデータベースのようなものだったのです。

加えてこれも推測に近い話なのかな、検索エンジンのBOTは画像データの中身は吟味せずに、ただ単にjpgかpngかの違いぐらいしか認識しないとも言われていて、それらのことを考えると「コピーした画像データと、コピーした文章が1行あるだけの、不正なファイルが大量にある重複コンテンツ」と誤認する可能性も確かにあったのかもしれないな、そんな風に思ったのです。

誤認を予防するためでもある「おまけコーナー」

そういうわけで、あらかじめその類の誤認識を予防するためにも、例えば「おまけテキスト」として文章で何行かを付け加える、あるいはお蔵入りしていた画像データを「おまけイラスト」として出してみる、そんな「おまけコーナー」を軽い娯楽ベースで作ってみようと考えました。

その軽い娯楽ベースという形態も、あくまでそこは「おまけコーナー」なので、純粋にマンガだけを楽しみたいという方は「おまけ」部分を飛ばしてしまっても大丈夫なようになるべく軽いものとして作ろうと、そういうことから設定したものになります。

この辺りの参考資料として

この辺りの考え方も含めた参考資料としては『ムラウェブドットネット』様の「重複コンテンツペナルティを解除した事例のご紹介」というページがとても参考になりました。ありがとうございます。

最後に

最後になりましたが「おまけコーナー」というネーミングは、昔、私が大好きだった、1976年から1994年まで放送されていたテレビ番組『お笑いマンガ道場』の1コーナーから、敬意を込めてお借りさせていただいたものです。

『お笑いマンガ道場』の全ての出演者ならびにスタッフの皆さまには、この場を借りましてお礼申し上げます。面白い番組を、本当にどうもありがとうございました。

そして、ブログ読者の皆さまも、今回の長い記事を最後まで読んでくださって本当にありがとうございます。今後ともどうかよろしくお願いします。

それでは今回はこの辺りで、失礼いたします。

ひとつ前のページに戻る
Go back