Water woman

ラルフ・バクシ監督作品の映画、クールワールドに影響されて描いた絵

2009年に描いた絵の色と線を調整して、2016年に再掲しました。もとの絵は1992年のラルフ・バクシ監督作品の映画、『クール・ワールド』を2009年に観て非常に好きになり、その影響をダイレクトに受けて描いた、いわば同映画の感想文みたいなものでした。

あと同時に、同じ頃に観た1964年の勅使河原宏監督作品『砂の女』での岸田今日子さんのイメージも、ちょっとだけ入っている様な気がします。

Previous
Next Post »