The machine looks like a creature

マンガ用に廃工場の風景を描いた絵

以前マンガの中に描いた廃工場の絵です。もともとごちゃごちゃした機械を描くのが好きなので、こういう絵を描いている時は普通に楽しい時間になります。

何となくパースをゆがめた様に描いているのは、もとのイメージとして、映画の『ダーティーハリー』シリーズで時々カメラがゆっくりと、少し奇妙な調子で移動して行く(様に感じる)場面を思い浮かべていた様な記憶があります。自分ではなんか不穏な空気を表現したかったと思うのですが、結果的にそれができたかどうかはよくわからない感じです。描いている間夢中だったのは確かでした。

Previous
Next Post »