I like this costume of the movie " Stop Making Sense "

トーキング・ヘッズのライブ映画、ストップメイキングセンスに出てくるビッグスーツを描いた絵

ジョナサン・デミ監督がトーキング・ヘッズのライブを撮影した1984年の映画『Stop Making Sense』から、かっこいいコスチュームを2点組み合わせて描きました。

自分の記憶だと赤いキャップをかぶっている場面では、ビッグスーツの上着の方は着ていなかったのではなかったかと思います。

映画の最後の方でボーカルのデヴィッド・バーンさんがこの赤キャップをびゅ~んと投げるのですが、それが何かこうデミ監督的な「やったー!」っていうカタルシスを表現したシーンとして編集されているのではないか、と個人的に思っています。

で、その場面を見る度に例えば夢見が良かった時の様な、いい感じの開放感をいつも味わう事ができるというこの映画は、とても好きなドキュメンタリー作品の1本です。

Previous
Next Post »