Expression

自分なりに描いた狼男の後ろ姿

むかしむかし、このブログを始める前にサーバーを借りて自分のサイトを作っていた時期があったのですが、この絵はその頃の古代遺跡です。『Suspense Thriller Movies』という記事の絵と同時期に描かれました。

もともと平井和正さんが書かれた『狼の紋章』という小説と、CGが発達する以前に特殊メイクの技術を使って変身を表現していた狼男ジャンルの映画群(『狼の血族』や『ハウリング』など、たくさんあったのです)に強い思い入れがあった事から、同様の雰囲気を持つ作品を作ろうとして動いていた時期がありました。その頃描いた試作画のひとつです。