2016 - 01 - 20

仮想の映画ポスター、後家の庭

東映映画『緋牡丹博徒』シリーズをイメージのもととして作ったフェイクの映画ポスターの、こっちは第1作の方です。

昔の東映の映画ポスターを見てるとわかるのですが、1960年代ぐらいまでの作品ポスターには、上の絵の様な感じでタイトルの横にひらがなでふりがながふられている場合が多く、深作欣二監督作品の1964年版『ジャコ萬と鉄』のポスターでも、”まん”と”てつ”という風に小さく振ってあったりして、そういう時代だったんだろうな、と非常に興味深く感じます。

Previous
Next Post »