Undersea (appetizing diving suit)

ジュール・ヴェルヌの小説に出てきそうな潜水服を描いた絵

いつも描いてみて後から不思議に思っていたのですが、昔からこういう少し懐古調の雰囲気を持った機械やアーマーなどを描いた場合、色をつけるのに散々迷ったあげく結局この絵の様に茹でた蟹とか海老みたいなおいしい風に着色をしてしまいます、自分の場合ですが。別にエビやカニを食品として特に愛しているわけでもないのにそれは何故なのか、描く度に疑問を抱える事が度々ありました。

で、これは自身にとっての何か発想というかイメージのルーツがどっかにあるに違いない、と思って記憶の井戸を覗いてきたのですが、しっくりくる解答がずっと得られませんでした。海だから東宝映画『南海の大決闘』のエビラとか、ってそんなん別にでかいザリガニじゃん・・・

ここから追記→ただ考えてみると、エビラは活動しながらもその体色は沸騰したお湯で茹でられた伊勢エビの色をしています。アメリカザリガニも体色は赤いけどそれよりかはロブスター料理の赤色みたいな。ですが、生きているのになぜそんなに茹だっているのか?という部分に突っ込んだりするよりは、海底火山の地熱や何かの影響でどうこうとか、その茹でられた色を持つ生物が存在する理由を補う拡大解釈を行う方が観客として前向きな豊かさがある様な気がします。

更に加えて書きますけど、それから数年後の1970年作品『ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦! 南海の大怪獣』という映画のガニメという怪獣もどっちかというと茹でてある様な色をしている・・・かな。どちらも東宝の映画です。そう考えると東宝特撮映画の甲殻類怪獣は美味しそうに茹だった色であるがその理由は果たして何だろう、メタファー的な何かの想いがそこにあったのかもしれない、という様なある種鑑賞する側の解釈までもエンタテイメントの要素として飲み込んでしまう懐の深さが、特撮映画や怪獣映画にはあるかもしれないな、と少し思ったりしていました。

一方、翌1971年からテレビ放送が始まった『帰ってきたウルトラマン』に登場したザニカとかヤドカリン等の甲殻類っぽい怪獣は、水揚げされてビチビチはねているみたいな調理前の色をしていました。自分はそこに、これまでの類型をただ否定するのではなく創意工夫で違うスタンスに変えて立つ、という現役時代のもと中日落合博満監督の様な仕事への真摯な姿勢を感じます。また同時に、製作した1970年代当時の円谷プロダクション及びその周辺スタッフの方々が持っていたのかもしれない、アメリカンニューシネマとのシンクロニシティまでに及ぶ様な気概と革新性を想像し、ちょっと勇気付けられたりもします。

類型と革新、そのどちらの文化も甲乙つけがたいと自分は考えている人間なのですが、申し訳ありません、だんだん書いていてどこに向かってんだかわかんなくなってきて何を俺はしてんだろうかと思ってしまったので、ここら辺で当記事への追記を終了します。ただ、書いた事は割と真剣に普段から考えている事です。←追記終了

・・・とか、色々考えてきて最終的にあれかなあと思い当たったのが、鉄骨でした。ビルの鉄骨。たぶん大昔のトムとジェリーにあった、赤ちゃんがビルの建設現場で危機一髪ネタの鉄骨とか、『バッタ君町に行く』の現場の鉄骨。あの辺のデフォルメされた赤色がなんともいい塩梅に思えて、その印象が今も響いているのではないかと思い納得。

やがて鉄骨の赤は錆び止め塗装の赤であったり、船の底の赤はフジツボなんかをよけるための塗料だったりする、と知るのはそれからずっと後のお話しでした。