Tribute to Shin Kishida

俳優の故・岸田森さんに敬意を込めて描いた絵

自作のマンガ、サムライガンの3号丸の名前を『牧史郎衛門』にしたのは、俳優の岸田森さんが好きだからという理由なのですが、それとはまったく違う方面から、つい最近youtubeである映像を観ていて気がついた事がありました。繰り返し観るうちになんかこう馴染みがある気がするんだよな、と思ってしばし考えてから腑に落ちた、そういう感じです。

David Bowie- Space Oddity Original Video (1969)

シンクロニシティというか偶然なんだと思いますが、1969年作品とされるこの映像でのボウイさんの雰囲気は、1968年から1969年まで日本で放送された『怪奇大作戦』の中で岸田さんが演じられた役、牧史郎の雰囲気とどこか通じるものがある、という感慨を持ちました。いえ、単なる感想ですみません。もちろん、これに同意される方とそうじゃないと思われる方、両方いらっしゃるだろうとは思います。

という事なんですが、これだけだと記事として少し寂しく感じたので、今回はもうひとつ絵を載せます。

俳優の故・岸田森さんと故・天本英世さんに敬意を込めて描いた絵

怪奇大作戦の第15話『24年目の復讐』及び、1978年の岡本喜八監督の映画『ブルークリスマス』の中で、岸田さんと天本英世さんが並ぶ場面を意識して描いたあるマンガのひとコマです。

と、ここまで文章を書きましたが、文中のみなさんがすでに向こうに行ってしまわれている方ばかりな事もあり、『あっちは何か賑やかでいいな。』という考えが頭をよぎったりして、自分で情けないとは思いますが少し泣いたという事を記して、この記事の結びの様なものとさせていただきます。

Previous
Next Post »