The movie theater of the 1970s in Japan

1970年代の映画館のある風景

以前ある雑誌に掲載された、『ゲルニカ』というタイトルの1970年代を舞台にしたマンガのひとコマで、おそらくその昔新宿辺りの雑居ビルにあったであろう名画座を思い浮かべながら描いた絵です。

もともとモノクロだった物を色調整で加工したので若干セピアっぽくなっていますが、もとのマンガを描いた当時からあまり郷愁といったイメージは想定していませんでした。

本来着色するとすればドラマの『傷だらけの天使』の中で神代辰巳さんが監督された回(特に第6話)の様な、色彩のコントラストが強烈な絵にするべきだろう、と強く強く思います。

Previous
Next Post »