Rejected plan -part7

没になったマンガの企画検討用資料

過去にマンガ連載の企画として提出するように求められて描いた、各種設定書のひとつです。細かい設定をすべて描いて見せて欲しいとのご要望に応じたものでした。

結局このデータを提出した時は『既視感がある(どこかで見たことがある)』から今ひとつピクンとしない、というニュアンスが添付されて提出先から戻ってきたのですが、1970年の大阪万博の写真集を参考に作ったものだったので「そりゃまあ仕方ないねえ。」と担当編集者の方と相談していた記憶があります。

つまり、この時すでに前提として『1970年代を時代劇的な視点で描く、そしてその物語はある種の既視感(前に見たような気がするなこれは、という様な感情)を基礎にして進行する』というコンセプトがあったわけです。