Rejected plan -part5

過去にマンガ連載の企画として提出するように求められて描いた、各種設定書のひとつです。上の方々に提出するための、何かアクションっぽい絵が欲しいとのご要望に応えたものでした。しかし結果的にこれも含めて、すべて実現しないままに終わってしまいました。

2010年半ばから後半にかけての作業だったと思います。ある雑誌の月刊化リニューアル創刊のため、上層の方に見せる連載企画を用意したいから、というお話しでした。いつも打ち合わせで訪れる街の風景が、新緑の色から次第に枯れた土気色に変化していく様子に、気分と状況を景色にした映像を脳に直接投影して見せられている様な奇妙な感覚を受けた覚えがあります。

企画実現のために奔走して下さった当時の担当編集者の方には、本当に色々とお世話になりました。この場を借りてお礼申し上げます。

Previous
Next Post »